Ableton Liveで使うMIDIコントローラーの選択

更新日

Ableton PushとNovation LaunchpadとAKAI APC

Ableton Live専用のMIDIコントローラーとして、Ableton Push、Novation Launchpadシリーズ、AKAI APCシリーズがあります。いずれも8x8の64パッド構成で似たようなMIDIコントローラーに見えますが、使い込んでいくと大きな違いを感じます。

Novation LaunchpadシリーズとAKAI APCシリーズはAbleton Liveで制作やパフォーマンスを行うための補助になるMIDIコントローラーです。これに対して、Ableton PushはAbleton Liveの補助ではなく、Ableton Push(ハード)で制作を行うため、連携するAbleton Live(ソフト)を使うという感覚になります。

Youtubeで公開されているパフォーマンス動画を見ても、この違いが分かります。LaunchpadシリーズやAPCシリーズは、Ableton Liveで作りこまれた楽曲を操作するパフォーマンスがほとんどです。これに対してAbleton Pushは楽曲の制作過程をパフォーマンスとして見せる動画が多く存在します。

Ableton Pushは慣れてくると、Ableton Pushのワークフローに沿った制作スタイルに変化します。これにより、他のMIDIコントローラーを使うより圧倒的な早さで打ち込みが可能になります。制作の幅も広がります。また、Ableton Liveのバージョンアップと並行してAbleton Pushの機能もバージョンアップするので、これは他のMIDIコントローラーに無い、Ableton Pushに特化した魅力です。

Novation Launchpadシリーズの魅力は手軽でコンパクトな点です。とても軽いので、持ち運びも苦になりません。パッドを自在に光らせるパフォーマンスに最適です。ノブやフェーダーが無いため、ミキシング操作には向いていません。セッションビューでクリップをトリガーするためのMIDIコントローラーという感じです。

AKAI APCシリーズは制作、パフォーマンスどちらでも活躍するバランスの良いMIDIコントローラーです。ノブやフェーダーが豊富なため、ミキシング操作の多いパフォーマンスでは特に威力を発揮します。

Ableton PushとKORG nanoKONTROL2

Ableton Pushは万能ではありません。Ableton Pushはアレンジメントビューの操作が苦手です。

Ableton PushのRECボタンはセッションビューのクリップ録音をトリガする機能になっており、グローバルにあるアレンジメント録音ボタンをトリガできません。アレンジメントビューで楽器演奏を録音してミックスダウンする場合などは、ショートカットキーやマッピングしたボタンなどで録音をトリガする必要があります。

また、アレンジメントビューでマーカー移動やロケータ設置などのマーカー操作が一切できません。アレンジメントビューで制作する際、かなり不便を感じます。

Ableton Pushの苦手なアレンジメントビュー操作を補助できるのが、KORG nanoKONTROL2です。トラック選択、ミュート、ソロの操作も、Ableton Pushより快適なため、Ableton Pushの補助コントローラーとしてオススメです。

ノブやフェーダーがないLaunchpadシリーズの補助コントローラーとしてもオススメです。

KORG nanoKONTROL2には動作モードがあり、[SET]ボタン+[■(停止)]ボタンを押しながらパソコンに接続することで、Ableton Liveに最適な割り当てになります。

KORG nanoKONTROL2にはAbleton Liveを購入する際、3700円割引になるクーポンが付属しますので、これからAbleton Liveを購入する予定の方は、先にKORG nanoKONTROL2を購入しても良いでしょう。安価ですが汎用的で便利なMIDIコントローラーです。

touchAbleとTouchOSC

作成中...